わんぱく相撲 全国大会実行委員会

開催趣旨

公益社団法人東京青年会議所は、青少年の健全育成を目的に「わんぱく相撲」を実施してきましたが、来年度も「わんぱく相撲全国大会」を開催いたします。
1981年以来、文部科学省や財団法人日本相撲協会の協力を得て、「わんぱく相撲の手引き」を全国の市町村教育委員会や、当時の669LOMに配布するなど普及活動を推進してきました。その結果、現在697LOM中204LOMで開催されるなど、全国に普及した大会になっております。 このように、全国各地に広がる「わんぱく相撲」の輪を更に大きくし、各地の大会に参加している子供たちに夢と感動の機会を与えると共に質的にも充実した「JCの主要事業」として、「第33回わんぱく相撲全国大会」を公益財団法人日本相撲協会と共催で開催いたします。

開催意義と成果

  • 「スポーツとしての相撲」を通じ、「礼」を学び、「努力する」ことや「思いやり」等、社会生活に必要な徳性の涵養の場を与えられる。
  • 「わんぱく相撲全国大会」を開催することで子供たちに夢を与え、励みとることができる。
  • 「明るい豊かな社会」作りを目指す各地青年会議所の基本的な理念であるコミュニティ(地域 社会)の形成という重要な役割を果たすと同時に「心豊かな青少年の育成」を強力に推進することができる。
  • 広く保護者並びに関係諸団体からも期待される「わんぱく相撲大会」は、地域社会に適合し、 「JCの主要事業」として定着化の方向に向かっている。
  • 「わんぱく相撲」は、今や全国に普及しており、社会開発運動・社会教育の一環として高く評価されている。
全国大会
  • 大会概要
  • 開催趣旨
  • 注意事項
  • 試合結果
  • 第23回わんぱく相撲全国大会